店舗デザインは集客の鍵!【依頼する価値がある】

ニュース一覧

ドラッグストアで成功を

薬剤師

薬から日用品まで幅広く

薬局の経営で成功させる方法として、薬剤師の資格を持つ方が調剤薬局を運営するケースと、資格を持たない方でも土地をお持ちで有効活用を検討している方が大手のドラグストアに店舗敷地を展開したり、運営者を別に雇って薬局を経営してもらうといったケースが考えられます。近隣に病院やクリニックなどが多く、一方で調剤薬局が少なく、総合病院で長く待たされて辛いといった地域の声があるならば、病院やクリニックの近くや高齢者など医療機関に通院している方が多い住宅街や、働いている方が帰りに寄りやすい駅近の立地に調剤専門の薬局を開設したり、駅ビルや駅近の商業施設の一角に出店するのがおすすめです。処方箋があれば基本的にどの薬局でも調剤ができるので、職場の近くで昼休みに受診した人が最寄り駅で夕方に処方を受けるなどの使い方も見込まれます。大型の敷地がある方や調剤に限定せず大きなお店を開きたいなら、ドラックストアがおすすめです。処方薬の調剤ブースに加えて市販の医薬品をはじめ、日用品や食品なども扱うことで、地域の方がスーパーやコンビニ代わりにも利用してくれるようになり、集客も期待できます。経営を成功させるうえでは近隣に競合するお店が少ないことや、競合店があったとしてもそれに勝てる差別化できるポイントがあることが望まれます。たとえば、営業時間を深夜までなど長くして、近隣の店舗が閉店した後も仕事で遅くなった方などが利用できる、医薬品から食品、ペット用品や介護用品まで一か所で何でもそろうといった商品ラインナップの豊富さなどで差別化を図って経営成功を目指しましょう。

Copyright© 2018 店舗デザインは集客の鍵!【依頼する価値がある】 All Rights Reserved.